ミルクタイプのクレンジング

クレンジング剤の中にはミルクタイプというものがあります。ジェルやオイルなどと比較すると多くはありませんが、乳液のようなテクスチャーでマイルドな使い心地のクレンジングです。

 

ミルクタイプのクレンジングのメリットとしては、乳液のようなテクスチャーということからもイメージできると思いますが、クレンジングの中では保湿力もあり、クリームより水分が多く使いやすいクレンジングといえます。

 

使用後のベタつきなども少なく、肌に優しいクレンジングを求めている人におすすめです。

 

ミルクタイプのクレンジングのデメリットは、クレンジングとしてはメイクを落とす力が少し弱いところです。たとえば、こびりついたマスカラなどは落とすことが難しいかもしれません。

 

オイルタイプなどと比べると、ミルクタイプはかなり洗浄力が弱いと考えてよいでしょう。濃いメイクをする人は、あまりおすすめできないクレンジングといえます。

 

敏感肌や乾燥肌で軽めのメイクしかしないという人なら、ミルクタイプは肌に刺激が少なく保湿力もあるため、おすすめのクレンジングでしょう。

 

ミルクタイプのクレンジングの中には、肌になじませた後に洗い流すのではなく拭き取るタイプのものがありますが、肌をこすることで肌に摩擦を与えますので注意しましょう。