敏感肌や乾燥肌の人のクレンジング

敏感肌や乾燥肌の人のクレンジングは、できるだけ化粧品やスキンケアからの肌への刺激は避けるようにする必要があります。

 

毎日使うクレンジングは、洗顔料よりも洗浄力が強くなっています。洗浄力の強さは、乾燥肌の原因になることもありますので注意が必要です。

 

メイクは油性ですので、メイクを落とすためには油分が必要です。油分でメイクを浮かせて洗い流すのですが、油は水と混ざらないため、水と油の仲介をするために界面活性剤が使われています。

 

界面活性剤は添加物ですから、肌に刺激を与えます。石油系の合成界面活性剤になると、肌に浸透して、強い残留性がありますので、長い期間肌に残ることになります。

 

こうなると、ますます乾燥肌や敏感肌には刺激になり、角質層の細胞を破壊してしまったりします。

 

ですから、クレンジングを選ぶときは、適度な油分と水分、そして界面活性剤が多くないものを選ぶようにしましょう。

 

敏感肌や乾燥肌の人には、クリームタイプのクレンジングがおすすめです。肌触りもよくなめらかで、保湿力もありますので、肌に刺激が少ないため、敏感肌や乾燥肌の人に最適なクレンジングでしょう。

 

オイルタイプは汚れはよく落ちますが、界面活性剤も多く含まれていますので、敏感肌や乾燥肌の人には刺激が強過ぎます。