クレンジングでメイクを落とすときのコツ

クレンジングでメイクを落とすときのコツを紹介しましょう。

 

まずクレンジングを手の平に取り、しばらく置いていると温まります。体温に近くなることで、肌になじみやすくなります。冬など寒い時期は、特にクレンジング剤が冷たくなり固まりやすいので、こうすることで使いやすくなるでしょう。

 

クレンジングが肌になじみやすくなると、クレンジングが手早く済ませられます。クレンジングには界面活性剤が含まれていますので、クレンジングが長い間肌についていることで、肌への負担が大きくなります。肌トラブルの原因にもなりますので注意したいですね。

 

クレンジングを肌になじませるときは、やさしくなでるように行います。クレンジング剤は多めに使うことで、肌への摩擦が少なくなります。

 

クレンジング剤は、顔の中でも皮膚が強い部分から伸ばしていくとよいでしょう。皮膚が薄く弱い部分は最後につけるようにします。順番としては、Tゾーン(額、鼻)、頬、あご、目元、口元という流れで伸ばすようにします。

 

すすぎはぬるま湯で行います。熱めのお湯を使うのは避けましょう。熱いお湯で洗い流すと、必要な皮脂まで落としてしまい、肌にも刺激が強くなります。乾燥肌の原因とも言われていますので、乾燥肌や敏感肌の人は絶対に避けましょう。

 

顔のシミを消す試して欲しい3つの方法